読んでますか?賃貸契約の内容
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

騒音トラブル

マンションやアパートといった集合住宅では必ず問題になるのが騒音です。
規約に反した行為の場合は、管理業者に連絡を入れると対応してくれますが、そうではない騒音もあります。
マンションに住んでいる人の8割が騒音問題に悩んでおり、その大半は生活騒音と言われています。
生活騒音とは、生活を送る上で発生する騒音のことです。
そのため、騒音を防止することは大変難しく、管理会社でも対応に限界があります。
賃貸住宅を選ぶ際のポイントとして、アパートではなくマンションを選択しましょう。
これはマンションの方が躯体はしっかりとしており、騒音がアパートよりも少ないからです。
では賃貸マンションを選ぶ際はどのようなことがポイントになるのでしょうか。
1つには、総戸数です。
戸数が少ないほど、騒音の発生確率が減少します。
そしてマンションの住人の生活スタイルと、自身の生活スタイルが近いと思われるマンションを選びましょう。
例えば隣人の方が夜遅くまで仕事をしている場合、騒音が発生するのは夜中になります。
一般の生活では夜中は眠りますが、隣人の方は起きて生活をしています。
そのため生活騒音が発生し、満足に眠ることが難しくなります。
このような騒音が気になる方は、ファミリー向けのマンションを選びましょう。
ですが反対にファミリー向けのマンションだと、朝や休日の騒音が発生しやすくなります。
この点も考慮して選ぶ必要があります。
さらに気になる方は、上階のない部屋を選ぶとよいでしょう。
最上階となれば生活騒音の気になるのは、隣室だけになります。
ですが、自身も騒音を発生させないように配慮する必要があります。
騒音トラブルは何も自身が被害者となるばかりではありません。
自身が知らない間に騒音を発生させることは、可能性として十分あります。
特に小さなお子さんがいる家庭では、下階に迷惑をかける可能性が非常に高いです。
そのため床の対策を想定しておきましょう。
一般的に、フローリング、カーペット、畳の順番に騒音が響きやすくなっています。
フローリングの場合は、カーペットを敷いて間にクッション材を敷くとよいでしょう。
騒音トラブルを防ぐためには、自身も配慮することが大切です。
被害者になると精神的苦痛も与えられますが、立場が代わればそれも同じと言えます。
生活騒音は発生するものですので、自身も迷惑をかけているのではないか、と考えておく必要があります。
そのためには、引っ越しをした際は隣人と上階、下階の人にしっかりとあいさつしておくことが大切です。
何よりも、人間関係に主眼をおいてトラブルにならないようにしましょう。

Copyright (C)2021読んでますか?賃貸契約の内容.All rights reserved.