読んでますか?賃貸契約の内容
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

分譲に必要なもの

住宅とマンションを比較した上で、どちらがライフスタイルに適しているのか考えてみましょう。
賃貸であっても住宅は確かに憧れとも言えます。
ですが住宅とマンションにはそれぞれ良い面と不安な面があります。
どちらが良いということを一概に言うことはできません。
では分譲住宅にはなく、マンションにはあるものと言えば何でしょうか。
それは「管理」です。
昨今ではマンションは管理を買う、と言われるほどです。
マンションのグレードにもよりますが、一般のファミリー向けマンションであれば、セキュリティに関して安心です。
特に分譲と賃貸の両方が備わっているマンションですと、セキュリティへの配慮が高いです。
中古の一戸建て住宅を購入してリフォーム・リノベーションなどを施すことが流行していますが、それはあくまでも居住空間としての付加です。
安全安心という面では、一戸建て住宅の場合、セキュリティを考える必要があります。
マンションには「管理費」という費用があり、毎月支払わなくてはなりません。
一般的な管理費で1万円前後です。
この管理費を理由に、一戸建て住宅の方が安く済むという意見もあります。
ですが裏を返せば、管理への費用が発生しないというだけのことです。
ではセキュリティに安心を持つことができるかと言えば、そうではないでしょう。
昨今は特に一戸建て住宅向けのセキュリティシステムが人気を集めています。
同じ賃貸住宅でも、マンションは管理組合に費用を支払い、一戸建て住宅の場合はセキュリティ会社に費用を支払うということになります。
では一戸建て住宅のセキュリティにかかる費用はどの程度のものでしょうか。
基本プランでは、4万円から5万円の工事費用となり、セキュリティ機器はレンタルか購入になります。
レンタルの場合は月々7千円程度で、購入すると工事費用を合わせて25万円ほどとなります。
これで分かる通り、一戸建て住宅の方が管理費用は安くなるわけではありません。
それでも少し安いと言えます。
では、マンションの管理を考えてみましょう。
マンションの管理とはセキュリティだけではありません。
共用部分における状態の管理・維持も管理費に含まれています。
例えば一戸建て住宅の場合、自身で庭や周辺を掃除しなくてはなりません。
ですがマンションは清掃業者が行ってくれます。
この費用も管理費に含まれています。
それ以外にも、例えば隣人とのトラブルやエレベーターの点検など、さまざまなことが管理費に含まれています。
総括すると、一戸建て住宅には管理費が存在しないですが、相応の費用と労力が必要になると言えます。

Copyright (C)2021読んでますか?賃貸契約の内容.All rights reserved.