読んでますか?賃貸契約の内容
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

賃貸借契約の中身

契約という名称がついている賃貸借契約です。
契約である以上、法的な根拠を持つものとなりますので、間違いのないようにしましょう。
賃貸借契約は一般的に、不動産会社が仲介役として契約を締結させるまでの手続きを行います。
賃貸借契約は締結をしない限り、契約自体が存在していないことになります。
賃貸借契約では、契約を締結させる際に費用と書類上の同意が必要になります。
費用は、敷金や礼金、仲介手数料、前家賃などとなっており、賃貸借契約の際に支払うことになっています。
これらの費用をすべて支払った上で、契約内容に同意することを意味する署名押印となります。
署名押印をした時点で、賃貸借契約は法的根拠を持つものとなります。
印鑑は認め印でもよいのですが、法的根拠を持つ契約であることを認識しておきましょう。
署名押印をした後に、契約内容に不具合があっても賃貸借契約を一方的に取り消すことは不可能です。
賃貸借契約では、「重要事項説明」という説明が行われます。
これは不動産会社に課せられた義務となっており、宅地建物取引主任者よって行われます。
重要事項説明では、賃貸借契約の中身を細かく説明されます。
特に重要な説明は、契約違反にあたる項目です。
契約違反に該当する項目は禁止事項としてまとめられています。
例えばペットの飼育を禁ずる、といったものや楽器の演奏の禁止といったものです。
さらに重要なのは、これらの禁止事項を破った場合の対処です。
こちらも重要事項説明で行われますが、強制退去や違約金の支払いなどがあります。
そのため禁止事項は、必ず守らなくてはならないものということを認識しておきましょう。
また、賃貸借契約は重要事項説明が行われた後に署名押印して締結となります。
署名押印をしなければ賃貸借契約は破棄することが可能です。
この場合、一方的な理由でも問題ありません。
締結後に一方的な理由で破棄、すなわち賃貸借契約を解除するとペナルティに課せられるというわけです。
ですから、締結前に賃貸借契約が解除となれば、一切の費用は原則として返還されます。
まれに一部の費用に対して返金に応じないという業者があります。
例えば、不動産会社へ支払った仲介手数料を返還しないというケースがあります。
ですが仲介手数料というものは、成功報酬に該当します。
成功報酬ですから、賃貸借契約が締結しない限りその費用は支払うべき費用ではありません。
仲介手数料を返還しないということは違法行為であることを覚えておきましょう。

Copyright (C)2021読んでますか?賃貸契約の内容.All rights reserved.