読んでますか?賃貸契約の内容
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

賃貸住宅とトラブル

住宅関係は、トラブルの発生しやすいものです。
これは売買住宅ではなくても、賃貸住宅でも多く発生しています。
たかだか賃貸と思っていても、想定していない請求を受ける可能性は十分あります。
そして請求を受けたまま、支払ってしまうケースも多々あります。
もちろん借り主側に問題があるのであれば仕方ありませんが、そのようなケースは実際のところ少ないと言われています。
業者や家主に言われるがままに、書類へサインしてしまう方も多いです。
これではトラブルの発生も仕方がないと言えますで、事前によく確認しておきましょう。
そもそも賃貸住宅におけるトラブルで非常に多いのは、修繕や補修などの費用の請求をされることです。
故意や過失によって損害を与えた場合は、当然借り主がその負担をしなくてはなりません。
ですがそうではない場合について考えてみましょう。
前提として、民法や借地借家法、国土交通省のガイドライン、過去における判例で考える必要があります。
どのような理由を言われても、これらの定義にそぐわない場合、費用は一切支払う必要はありません。
昨今はこれらの問題が多発していますが、冷静に対応すれば大丈夫です。
特にこれらの定義の中には借地借家法が設けられています。
借地借家法では借り主が一方的に不利益を被る契約について無効にすると決められています。
さらに現在は、消費者契約法もあり、消費者の利益を害する契約はそのものを無効にする、と定められています。
このように現在では、法整備が進んでおり、その大半は消費者である借り主のために存在しています。
ですからどのような相手であっても、不要な費用を負担する必要はありません。
また当事者同士で話し合いをしても一向にらちがあかないケースがあります。
このような場合は、役所などに設置されている弁護士無料相談所へ訪れると良いでしょう。
また他の方法として、内容証明を貸主に出しても良いでしょう。
この書類は個人でも作成することができます。
例えばハウスクリーニング代は、借り主負担のものではありません。
それでも敷金と相殺する業者や家主がいます。
ハウスクリーニング代のような借り主に負担義務がない費用に関しても平然と請求されるケースもありますが、絶対に支払う必要ありません。
こうしたトラブルは特に賃貸住宅でこそ発生しやすいものです。
そのため、事前にこれらの知識を身につけておいて、トラブルの発生を回避するようにしましょう。

Copyright (C)2021読んでますか?賃貸契約の内容.All rights reserved.