読んでますか?賃貸契約の内容
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

退去する際の補修費

住宅を退去する際、分譲住宅であれば売却するので、そのままの状態でも問題ありません。
ですが賃貸住宅の場合は、賃貸借契約をした時点までの状態に戻す義務があります。
これを「原状回復義務」と呼びます。
原状回復義務というのは、何も新しい状態に戻すという意味ではありません。
住宅は経年変化という扱いになっており、通常使用による消耗は、当たり前とされています。
そのため通常使用における消耗は、借り主に負担義務はありません。
では具体的に調べてみましょう。
次の入居者のための「ハウスクリーニング」の費用ですが、これは借り主に負担義務はありません。
あくまでも持ち主である貸主に負担義務があります。
と言っても、汚れた状態で退去することはお薦めできません。
やはりある程度は清掃しておいた方が良いでしょう。
そしてエアコンが備え付けのものであれば、そのままで問題ありません。
エアコンのクリーニング費用も貸主負担となっており、退去する側には補修の費用を負担する義務はありません。
そして部屋に貼付けられているクロス(壁紙)ですが、こちらも貸主側が補修費用を負担することになっています。
ただし例外があり、通常消耗を超えた次元の汚れや傷みであれば、場合によって借り主が補修費用を負担することになります。
例えばクギを打って空けてしまった穴は、借り主の使用が通常使用を超えているとされますので、退去の際に補修費用を負担することになります。
ですがこれが画びょうであれば、問題ありません。
画びょうによる穴は通常消耗に該当されます。
このように、少しの違いでも立場は大きく異なりますので注意しましょう。
そしてフローリングは少々やっかいと言えます。
原則は通常消耗の対象となります。
当然借り主側には負担する義務はありません。
ただしフローリングはキズがつきやすいです。
椅子のコマによるキズの場合は、借り主負担となることが大半です。
自然についたキズとどう違うのか、という判断が難しいところです。
また汚れも同様です。
汚れは通常消耗となりますが、例えば冷蔵庫の設置跡にできるサビは扱いが異なります。
サビは発生した段階で清掃すれば、それが汚れとなって付着することはありません。
ですがサビを放置しておくと、汚れとなってしまいます。
この場合は、借り主が補修費用を負担することになります。
また同じ床でも畳の場合はどうでしょうか。
畳も通常消耗に該当するため、原則として補修費用の負担義務は貸主側にあります。
ただしタバコで焦がした場合や、落ちない汚れがついた場合の補修費用は、借り主側に負担義務が生じます。

Copyright (C)2021読んでますか?賃貸契約の内容.All rights reserved.