読んでますか?賃貸契約の内容
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む LINEで送る

ペットに関するトラブル

昨今の賃貸住宅はペット飼育が可能という物件が増えて来ました。
時代のニーズに添ったものでしょう。
とはいえ、依然ペットの飼育は不可という賃貸住宅も多いです。
特に分譲住宅に言えることですが、マンションの場合、築年数が深いとペットの飼育が禁止されていることが多いです。
分譲マンションは、区分所有者にマンションの資産価値が関係しますから、時代に合わせて突然ペットの飼育を許可するということは難しいです。
では賃貸住宅におけるペット事情はどうでしょうか。
一般的な小型犬から中型犬であれば、飼育が可能という物件が多いです。
その場合、共有部分は抱きかかえる規約がある住宅が多いです。
ペットは何かにつけてトラブルのもとだからです。
他の住人にかみ付くことや、鳴き声がうるさい、排尿を共有部分でしてしまうといったことは多々あります。
そのためペットを飼っている方は、ペットを飼っていない方に対して最大限の配慮が必要となります。
もちろん賃貸借契約では可能となっていても、トラブルを防ぐためでもありマナーでもあり、ということです。
またペットを飼っていなかったにも関わらず、ペットを飼っていたと言われることもあります。
退去する際にクローゼットや床にそれらしきキズが見つかった場合、そのように問いただされるでしょう。
ですが、規約に沿ってペットを飼育していかなったのであれば、正式に反論しましょう。
もちろん、それらのキズの補修費用も負担する必要はありません。
もし無断飼育であった場合は、大半が強制退去になります。
ただし無断飼育であっても、ペットがつけたキズではない場合は、その補修費用を負担する義務はありません。
単にペット飼育の規約に違反しただけですので、補修費用は関係ありません。
もちろんペットがつけたキズの場合は、借り主負担で修繕費用を支払う必要があります。
またペットが騒がしく、他の住人から苦情が出た場合はどうなるのでしょうか。
このような場合、その原因をなくす必要があります。
例えばペットにほえる癖があるのであれば、その癖を治すように努力しなくてはなりません。
ここで注意の必要なことが、いくらペットがうるさいという苦情が出ても、それをもとに家主が退去命令を出すことはできません。
前提として、ペット飼育が可能な住宅だからです。
原則、家主が強制退去をさせることができるのは、賃料の滞納が3カ月以上の時だけです。
ペットの飼育が可能な賃貸住宅であっても、特に退去の際にトラブルの発生が懸念されます。
ですが賃貸借契約にもとづいているのであれば、補修費用の負担義務は生じません。

Copyright (C)2021読んでますか?賃貸契約の内容.All rights reserved.